TEL
MENU

後遺症

2018.11.16 | Category: その他の交通事故のブログ

後遺症を残さないむち打ち治療を提案する昭島・立川・日野のHaru整骨院

交通事故の怪我の中で最も多いのが首のむち打ち症です。むち打ちは頸椎捻挫、外傷性頸部症候群とも言われており、頸椎が歪むことによって神経を圧迫し痛みが生じます。また首の歪みによって神経が伸ばされると、四肢の痛みやしびれ、めまい、吐き気などを引き起こすこともあり、そのまま痛みを放置することは非常に危険です。

むち打ちはきちんとした治療をしなければ後遺症としてそのまま一生付き合っていくことになるかもしれません。病院では痛み止めや湿布しか処方されず、思うような治療を受けられなかったという人も多いです。痛みをそのまま我慢せずまずは昭島・立川・日野のHaru整骨院へお越し下さい。

昭島・立川・日野のHaru整骨院ではむち打ちの治療として頸椎の歪みを矯正していきます。歪みを矯正して正しい位置に戻してあげることが重要です。歪みがそのまま残ると不調は良くならず、後遺症になってしまうのです。
昭島・立川・日野のHaru整骨院では首の歪みを矯正するために、アクティベーターと呼ばれるカイロプラクティック施術やオステオパシーと呼ばれる治療法で施術を行います。痛みの少ない安全な方法になっています。

アクセス

所在地〒196-0032 東京都昭島市郷地町1-6-19 石田ビル1階
予約当院は予約優先となっております
電話番号042-519-4059
駐車場3台あり
休診日水曜午後・日曜