TEL
MENU

物損事故

2018.11.16 | Category: その他の交通事故のブログ

物損事故による治療を行う昭島・立川・日野のHaru整骨院

物損事故はガードレールや電柱など物とぶつかって起こす事故になります。相手側に人がいないので怪我の治療費などを支払う必要はありませんが、物を壊してしまった場合にはその修理費用を支払わなくてはなりません。

物損事故を起こしてしまった場合、運転者が怪我をしてしまうことがあります。特に追突などの事故で多いのが、むち打ち症状。むち打ちは交通事故で最も多い症状の1つであり、頸椎の捻挫によって首を動かすと痛みがでたり、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こしたりします。

物損事故によるむち打ちは早期発見、早期治療が望ましいです。首に違和感がある場合にはまずは昭島・立川・日野のHaru整骨院へご相談下さい。物損事故の場合、自賠責保険の適用にはなりません。そのため治療費は自腹で支払わなくてはいけない・・と不安になってしまう方もいるでしょう。

しかし加入している任意保険のプランによっては物損事故による怪我の治療において、保険で支払われるプランもあります。まずは物損事故を起こしてしまったら保険会社に連絡してみるとよいでしょう。分からないことがあれば昭島・立川・日野のHaru整骨院でもアドバイスさせていただきます。

アクセス

所在地〒196-0032 東京都昭島市郷地町1-6-19 石田ビル1階
予約当院は予約優先となっております
電話番号042-519-4059
駐車場3台あり
休診日水曜午後・日曜